23歳独身男性会社員の彼女とのラブストーリー

自分は外見とスタイルにはとても自信があったのですが、就いた職業が低収入で不安定な職種で有名な勤め先ということもありますし、仕事先に女性が全く居ないので彼女を作りたくても作れませんでした。
今時はインターネットで彼女を作るのが普通であると聞いたので、ネットで「彼女 作り方」と検索して調べました。
彼女の作り方は簡単、ただ出会い系サイトにて異性を求めれば良いだけなのです。
そういったサイトに登録をしている異性はみんな、恋人や男女関係を求めているのでとても簡単に恋人同士になれるのです。
自分がそのために利用をしたのがワクワクメールでした。
彼女募集、と軽い雰囲気で書いて、女性からの応募を待ちました。
たったの1分で女性からの応募が多数着たのですが、これは顔に自信のある自分が、特に格好良く写った写真を掲載していたからなのと、募集記事を気持ち悪くならないように気をつけて、あくまでイケメンであることを主張した結果であると思われます。
その中から、特に良い雰囲気の女性を選んで冗談ぽく「彼女になってよ」と持ちかけたら意外にもすんなりと「いいよ」との返事が返ってきました。
きっと女性も寂しかったのでしょう。
実際に出会ってみてびっくりしたのが、とても綺麗な女性だったのです。
体型はかなり小柄でスレンダーなのですがこれがまた自分好みで思わず鼻の下が伸びてしまいそうになりました。
美人なのに出会い系に登録をしていたのは、仕事が多忙であり男性と知り合えないためだそうです。
聞いてみるとかなり地位の高い職業に就いており、とても頭が良さそうでした。
脳みそがサル並みであり、かなりの低収入の自分でもこのような知的でスタイリッシュな美しい女性と良い仲になれて幸せです。
女性が勧めるアーティスティックな映画を一緒に観て、美術館に行き、食事をして夜景を見て、家まで送ってあげてそれからも何度か会い、現実でもとても気が合ったのでこうして恋人同士となりました。

45歳独身女性OLのセフレとのラブストーリー

私は20代と30代のときに1度ずつ結婚して離婚した、バツ2です。
子どもはいません。
2度目の離婚以来、しばらく男性とは肉体関係を持たずにいましたが、急に淋しくてしかたなくなったのです。
出会い系サイトのうわさは、以前からなんとなく耳にしていました。
「心と体の隙間を埋めてくれる方法はそれしかない」と考え、思い切ってチャレンジしてみることにしたのです。
ハッピーメールという出会い系サイトを選びました。
「この年齢では無理?」と不安でしたが、28歳の男性と出会うことができたのです。
彼は結婚しています。
奥さんは5つ年下。
「結婚してから、実は自分が年上好きだと気づいた」のだそうです。
彼とはもう1年近くセフレ関係をつづけていますが、ベッドの中で彼はいつも甘えてきます。
こんな年下の男性とセックスするのはもちろんはじめて。
自分がリードして、かわいい年下を喜ばせてあげるのが、こんなに燃えるものだとは知りませんでした。
口だけでイカせたり、手で喜ばせたりしていると、なんだか自分が「息子の性処理をする母親」になったような錯覚に陥ります。
そのアブノーマルな感覚が、私をいっそう燃えさせるのです。